NEW

  • ヌーディーベース

  • この夏、絶対焼かない

  • ラメンテ ヌーディベースがリニューアル発売!
    紫外線対策も保湿も。
    より肌にやさしくなったヌーディーベースで、最強の紫外線プロテクトとスキンケアを叶えます。

    UVカット効果『SPF50+ PA++++』と国内最高値を実現!
    さらに15種類の美容保湿成分を配合し、使うたび潤った美肌へ

    エタノールフリー、無添加処方なので敏感肌の方でも安心してご使用いただけます!
  • UVケア
  • 2,700
  • 容量:50g

シェア

  • LINE
  • twitter
  • facebook

Point

商品の特徴

  • 「ラメンテ ヌーディーベース」は、つけたくなる、焼かない日焼け止め。

    焼きたくないけど、SPF値が高い日焼け止めは刺激が強くて続けられない。
    そんなお客様の声にお応えするため、「肌にやさしい処方」を目指して常に改良してきました。
     
    「発酵プラセンタエキス」と「プラセンタエキス」Wのプラセンタ処方や、プラセンタとの相乗効果で炎症を抑える「3種の和漢成分」など好評の美容保湿成分と、UVカット効果はそのままに、肌にやさしいエタノールフリーを実現しました。
    アルコールを刺激に感じる敏感肌の方やお子様にも、安心してご使用いただけます。
    「豊富な美容保湿成分」×「最強のUVカット処方」×「肌にやさしい処方」という、全ての女性が求める理想の日焼け止めをお届けします。
     
    <おすすめポイント>
    ①日焼け止めなのにエタノールフリー
    「化粧水や美容液ではエタノールフリーにこだわるけれど、日焼け止めは別」と思っている方に、高い紫外線カット効果を持ちながらエタノールフリーを叶えた日焼け止めです。
    毎日使いたくなる、肌にやさしい日焼け止めです。
     
    ②豊富な美容保湿成分
    <肌を健やかに保つ>
    「プラセンタエキス」+3種の和漢成分(カワラヨモギ花エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、ドクダミエキス)配合。
    炎症を鎮める和漢植物エキスと新陳代謝を活性化させるプラセンタエキスによって、肌本来の生理機能を回復させます。
     
    <Wプラセンタ処方>
    「プラセンタエキス」と「発酵熟成プラセンタエキス」をプラスしたWプラセンタ処方。
    発酵プラセンタエキスは、高い抗酸化作用を持ち、紫外線による活性酸素の影響で生まれるシワ・たるみに効果があります。
     
    <15種の美容成分配合>
    保湿、抗酸化、ハリ・弾力、バリア機能アップ、抗炎症など。
    美容成分がギュッと詰まった、安心して使える日焼け止めです。
     
    ③国内最高値のUVカット効果 SPF50+ PA++++
    “健やかに美しく”のラメンテのポリシーを守りつつ、シワ・たるみの原因となるUV-A波を防ぐSPF値と、シミ・くすみなどの原因となるUV-B派の両方を国内最高値のカット効果でブロックします。
    専用クレンジングは不要です。
     

How to

使い方

  • 洗顔後、化粧水、美容液、乳液、クリームなどを浸透させた後、お手入れの最後に使用してください。
    適量(100円玉大程度)を手のひらにとり、顔や体にムラなくのばしてください。
    汗や水で取れた場合はこまめに塗り直しをしてください。
     

Ingredient

成分

  • 水、エタノール、酸化亜鉛、メトキシケイヒ酸エチルへキシル、パルミチン酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、シクロペンタシロキサン、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、サイタイエキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、セレブロシド、クワラン、水溶性プロテオグリカン、アルブチン、リン酸アスコルビルMg、カワラヨモギ花エキス、イワベンケイ根エキス、オクトクリレン、オレイン酸ソルビタン、ポリヒドロキシステアリン酸、メチコン、ポリソルベード80、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマーメタクリル酸メチルクロスポリマー、メタクリル酸メチルクロスポリマー、イソヘキサデカン、キサンタンガム、ペンチレングリコール、クエン酸Na、リン酸K、BG、ETA-2Na、フェノキシエタノール

Notes

注意事項

  • ●傷、はれもの、湿疹等異常のあるところには使用しないでください。

    ●肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。
    肌に合わない時や、使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、また日光があたって同じような異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談してください。
    使い続けると症状が悪化することがあります。

    ●目に入らないように注意し、入った時は、すぐに充分洗い流してください。
    異常が残る場合は、眼科医に相談してください。
    子供や認知症の方などの誤食等を防ぐため、置き場所にご注意ください。