• 薬用クリアエステフェイスパウダー

  • 自然な仕上がりをキープしながら美白まで同時に叶える!

  • 厚塗りにならず、美容液ファンデの自然な仕上がりをキープする固形おしろい。
    粉感レスの心地よいつけ心地で肌を優しく纏います。
  • ベースメイク
  • 3,631
  • 12g

シェア

  • LINE
  • twitter
  • facebook

Point

商品の特徴

  • <ポイント①>
    粒子が細かい粉なので、まるで肌が呼吸するかのような軽いつけ心地!
    粒子の細かい粉体を使用しているため、メイク中の肌への圧迫感がありません。
    通気性が高いのでまるで肌が呼吸をするかのような解放感と、羽根のように軽いつけ心地を実現します。
     
    <ポイント②>
    ミラーボールのように光を拡散するパウダーでシミ・色ムラをカバー。
    光を乱反射して柔らかな光の層を作り上げるので、明るくきめ細かな仕上がりに。
    シミ・色ムラをカバーしながら、自然なメイク仕上がりを叶えます。
     
    <ポイント③>
    美白有効成分配合、メイクしながら肌本来の透明感アップ。
    美白有効成分「ビタミンC誘導 」がシミの元・メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすをケア。
    美白を叶えつつ、豊富な美容成分で紫外線ダメージケアまで叶えます。
     
    <ポイント④>
    余分な皮脂を吸着し、サラサラの付け心地を実現。
    皮脂をコントロールする成分を配合。皮脂吸着パウダーが、余分な皮脂を固めて吸着するので、美しいメイク仕上がりが長時間持続します。

How to

使い方

  • メイクの仕上げやお化粧直しにファンデーションの上からお使い下さい。
    ※適量を専用パフに取り粉を軽くおさえるように頬、アゴ、おでこ、小鼻周りなど顔全体につけて下さい。
     
    ・パフにパウダーをなじませ、手の甲で余分な粉を落とします。
    ・顔の広い面(頬・額)から押さえるようにつけていきます。
    ・目元はパフを二つ折りにしてやさしくのせましょう。
    ・小鼻・口周りは下から上にしっかり粉をのせていきます。
    ・最後にフェイスラインになじませます。
     
    ・メイク直しの時は、初めにティッシュで余分な皮脂を吸収してから仕上げます。
     
    ・パフが汚れた時は、中性洗剤を使用して軽くもみ洗いし、水気を切ってから陰干ししてください。

    <使用目安>
    毎日1回使用として1.5ヶ月~2ヶ月(目安)

Ingredient

成分

  • 【有効成分】
    リン酸L-アスコルビルマグネシウム、グリチルレチン酸ステアリル

    【その他の成分】
    タルク、雲母チタン、セリサイト、メチルポリシロキサン、ステアリン酸マグネシウム、ホホバ油、微粒子酸化チタン、メマツヨイグサ抽出液、藍水抽出液、オリブ油、メドウフォーム油、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、カンゾウフラボノイド、ローズマリーエキス、マロニエエキス、カモミラエキス(1)、セージエキス、シラカバエキス、イラクサエキス(1)、メリッサエキス、フキタンポポエキス、スギナエキス、水溶性コラーゲン液(1)、加水分解コラーゲン液(4)、オーキッドエキス、水溶性コラーゲン液(4)、アロエ液汁末(2)、オリーブ葉エキス、酵母エキス(3)、ジパルミチン酸アスコルビル、クロレラエキス、アロエエキス(2)、カッコンエキス、ウワウルシ流エキス、トレハロース、シーグラスエキス、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、水素添加大豆リン脂質、フィトステロール、酸化亜鉛、酸化チタン、水酸化アルミニウム、アロエエキス(9)、d-δ-トコフェロール、黄酸化鉄、ベンガラ、含水ケイ酸、無水ケイ酸、酸化アルミニウム、架橋型シリコーン末(2)、麻セルロース末、黒酸化鉄、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、濃グリセリン、精製水、キサンタンガム、ゼニアオイエキス、1,3-ブチレングリコール、アシタバエキス、エイジツエキス、フェノキシエタノール、加水分解コラーゲン末、ダイズエキス、加水分解コンキオリン液、ブッチャーブルームエキス、無水エタノール

Notes

注意事項

  • 傷、はれもの、湿疹等異常があるところにはお使いにならないでください。
    お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。お肌に合わない場合は、ご使用をおやめください。

    例えば、
    (1) 使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
    (2) 使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。

    そのまま使用を続けると症状が悪化することがありますので、皮膚科専門医などにご相談されることをおすすめします。

    目に入った場合はすぐに洗い流して下さい。
    極端に高温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないで下さい。
    幼児の手の届かない所に保管して下さい。