Development

商品開発のこだわり

サクラドリームでは、高品質で信頼性の高い化粧品・健康食品の製造のために、
実績ある開発者・厳重な品質管理・適切な成分選択による製品造りを行っています。

Developer introduction

開発者紹介

開発総責任者栗原 茂(Shigeru Kurihara)

東京教育大学(現筑波大学)生物化学工学科卒業後、株式会社資生堂に入社。
工場、研究所、本社での勤務を経験し、化粧品の基礎研究、品質保証、生産技術に携わった。
(主な研究テーマは「化粧品と微生物」)。
その後、筑波大学大学院 人間総合科学研究科で心理学を学ぶ(修士論文は「女性の敏感肌の心理的要因」)。
サクラドリームでは総括製造販売責任者として、商品の品質管理や販売後の安全管理などの重責も担っている。

・女性が敏感肌を自覚する心理的要因(1)
詳しくはこちら
・女性が敏感肌を自覚する心理的要因(2)
詳しくはこちら

サクラドリームオリジナルブランドの“ポーネット”シリーズは、長年に渡り化粧品と微生物、化粧品の品質向上、女性の心理が肌に及ぼす影響について研究、追求してきた栗原をリーダーとし、「女性たちの美しく自分らしく羽ばたきたいというひたむきな願い」を叶えるために、開発製造されました。

ポーネット ブランドサイトポーネット ブランドサイト

Medical advisor

医療顧問

山口 憲昭(Kazuaki Yamaguchi)

2006年に京都府医科大学医学部卒業後、神戸市立医療センター中央市民病院や大阪市立総合医療センター、大手美容美容外科クリニックなどに勤務。レグノクリニックSBC銀座で院長、メガクリニックで副院長に就任、加藤クリニックでは特別顧問として従事。
2021年5月 リゾナスフェイスクリニック東京の院長に就任。美容医療の叡智の結晶化を求めて日々、研鑽を積んでいる。

サクラドリームでは、弊社のモットーである“その人本来の美しさを最大限引き出し、輝き続ける生命力を育む”という考え方にご賛同頂き、2021年7月より医療顧問としてご協力頂いています。

所属学会

国際美容外科学会(ISAPS) 正会員
日本美容外科学会(JSAPS) 正会員
日本形成外科学会 専門医
日本頭蓋顎顔面会会員

称号・資格

日本医師免許
日本形成外科学会 専門医

リゾナスフェイスクリニック東京ウェブサイト

Commitment to quality

品質へのこだわり

サクラドリームでは高品質な化粧品・健康食品を作り出すため、商品原料の選定だけでなく、製造の工程でも高いクオリティを追及しています。それぞれの製品は、ISO9001*、GMP**(ISO ISO22716他)、FSSC22000***などの認証を持つ工場で厳重な品質管理の下で製造されています。

*国際標準化機構(ISO)による品質マネジメントシステムに関する規格のこと。
**GMPとは、製造業者および製造販売業者に求められる「適正製造規範」(製造管理・品質管理基準)のこと。
***ISO 22000を追加要求事項で補強した、食品安全マネジメントシステムに関する国際規格のこと。

Ingredient dictionary

成分辞典

サクラドリームでは、“その人本来の美しさを最大限引き出し、輝き続ける生命力を育む”製品を作ることを使命と考えています。
その使命の実現のために、使用する成分も様々な観点から厳選し、配合しております。
「成分辞典」では、サクラドリームで使用している成分についてご紹介します。

~ Coming Soon ~

  • ConceptConcept""
  • GuideGuide